血糖値を下げるには?HbA1c値との関連性など

目次

HbA1cと糖尿病と血糖値について

糖尿病検査では、血糖値やHbA1cが診断指標として使われています。糖尿病は糖を体内で上手く代謝、つまりうまく利用できないために様々な症状が現れる病気です。

血液中の糖は食後に増加し、空腹になるとともに血液中の糖も減少しているため食事や運動量によっての変化が大きいため、条件を一定にする必要があり、食事をしていない状態で検査をします。

血糖値とは

血液中の糖(ブドウ糖)の濃度を示す血糖値(単位:㎎/dℓ)は、糖尿病診断のひとつの指標です。前述したように血糖値は食後に高く、食前は低くなります。

血糖値はこの検査をした時点での血液中の糖の割合を測定するため、食事前の血糖である空腹時血糖を測定することで糖の調整の程度を測定することができます。

正常値は80~100㎎/dℓになるように体内ホルモンで調整されています。

暴飲暴食をしたりすることで一時的に血糖が増えると、血糖値も高くなってしまいます。

HbA1Cとは

hba1c13それに対し、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー(単位:%))は、長くとらえると過去約3ヵ月間の血糖値の状態が反映されます。HbA1cはヘモグロビンと呼ばれる赤血球に含まれるタンパク質に血糖(グルコース)が結合した糖化ヘモグロビンが、ヘモグロビン全体に対する割合を示しています。

血液中に糖が多くあふれた高血糖な状態が続いた場合は、糖化ヘモグロビンが作られやすくなるのでHbA1cが高くなります。長期間の血糖値のコントロール状況を反映した指標になります。暴飲暴食を1日したとしても、この数値は高くなったりはしません。ヘモグロビンa1c基準値は6.5%未満(NGSP:国際標準値)となります。長期間の血糖コントロール状況の指標となっているため、合併症リスク低減に関与していると考えられており、糖尿病と診断された場合でも血糖コントロール目標として設定されています。

血糖正常化を目指す際の目標では6.0%未満(NGSP)、合併症予防のための目標として7.0%未満(NGSP)、治療強化が困難な際の目標として8.0%未満(NGSP)となっています。

以前使用されていたHbA1cはJDS値と今より0.4%低い数値が基準となっていましたが、国際基準に統一されNGSP値に平成24年4月1日以降の検査は統一しています。

糖尿病とは

hba1c23糖尿病は、糖が血管内に必要以上にあふれた状態といえます。体内では糖はブドウ糖という形に変化し、血液中を流れ、体の各所の細胞でエネルギーの材料として使われます。ブドウ糖が血液中に多くなってしまった場合には、筋肉などに取り込まれエネルギー不足時に使用できるよう貯蔵されます。

血液中のブドウ糖をエネルギーの材料として使うためには、インスリンと呼ばれるホルモンが働きます。インスリンのみが血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きをすることができ、他のホルモンでは代用できません。反対に、エネルギー不足の時には、各所に貯められたブドウ糖を血液中に取り込む働きをするホルモンが数種類あります。

これは人類が太古の昔より、飢餓状態になることはあっても、現代のような高栄養状態となったことはなく、エネルギー不足となった時に多くのホルモンが働けるようになっています。

糖尿病は、インシュリンの作用がうまく働かないことにより、細胞にブドウ糖を取り込むことができず、血糖値の上昇を招き高血糖状態が続くことで、糖代謝異常をきたす病気です。高血糖状態が続くことで、全身の血管へ障害を及ぼし、様々な合併症をひきおこします。

糖尿病の診断

hba1c6糖尿病の診断には、先ほどの血糖値とHbA1cを使います。初回検査にて、血糖値、HbA1c、合併症の有無や症状、家族歴、体重などの確認し高血糖の存在を確認します。血液検査にて、

「①早朝空腹時血糖値が126㎎/dℓ以上、②75gOGTTで2時間値200㎎/dℓ以上、③随時血糖値が200㎎/dℓ、④HbA1cが6.5%以上、⑤早朝空腹時血糖値が110㎎/dℓ未満、⑥75gOGTTで2時間値140㎎/dℓ未満」を確認します。

75gOGTTとは、ブドウ糖75gを溶かした水を飲み、30分後、1時間後、2時間後にそれぞれ血糖値を測定する検査です。検査結果にて①~④のいずれかが確認された場合には、「糖尿病型」と判定されます。

⑤、⑥が確認された場合は「正常型」と判定されます。ただし、空腹時血糖値が100~109㎎/dℓの場合は「正常高値」とします。どちらにも属さない場合は「境界型」と判定します。血糖値の診断基準である①、②、③のいずれかと、HbA1cの診断基準である④を同時に認めた場合、血糖値と糖尿病の典型的症状がみられた場合は、この時点で糖尿病と診断します。

「糖尿病型」の場合は、別の日(1ヵ月以内)に再度、同様の検査を行うことで慢性的な高血糖の存在を確認します。再度、「糖尿病型」と診断された場合は糖尿病と診断できます。しかし、HbA1cが6.5%以上のみが反復して指摘された場合は、糖尿病とは診断しません。ただし、過去に「糖尿病型」と診断されている場合や、2回目の検査が必要だった人は糖尿病疑いとなり、3~6ヵ月以内に再検査することが必要です。

また「境界型」に分類された場合は、糖尿病予備軍となり、そのまま経過すると数年以内に糖尿病と診断される確率が高いといわれています。

糖尿病型と診断された方は要治療となりますが、2011年の調査では約4割の人が治療をしない放置群となっています。糖尿病は早期治療することで悪化を予防することができるため、放置群とならず受診し治療することが大切です。

hba1c16健康診断を受けて糖尿病を指摘され、確定診断のために検査を受ける方が一般的ですが、健康診断では指摘されずに過ごされる隠れ糖尿病の方が最近増えていると言われています。

隠れ糖尿病は、空腹時血糖は正常範囲となっていますが食後2~3時間の血糖値が高いことが多く、診断されることなく経過するため糖尿病が進行してしまう危険があります。

妊娠中にはじめて発見される糖尿病は妊娠糖尿病と呼ばれ、妊娠期間中に血糖のコントロールを厳しくする必要があります。

妊娠糖尿病は、母体だけではなく胎児にも影響を与えてしまいます。産後は血糖値が通常に戻るといわれていますが、妊娠糖尿病となった方は、その後に糖尿病となる確率が一般の場合と比べ約7倍と言われており、注意が必要です。

本当に恐ろしい糖尿病

糖尿病と名前がつけられたのは、古代ギリシャ時代と言われています。糖尿病は英語で「Diabetes Mellitus」と言い、Diabetesはギリシャ語が語源で「尿が多い」、Mellitusは同様に「甘い」という意味で、「Diabetes Mellitus」は「甘い尿が多い」と解釈できます。

糖尿病はブドウ糖が血液中に多くでてしまっている状態です。血液中にブドウ糖が多くあることで、血管に傷害を及ぼすために、体はブドウ糖を血液中から薄くするように働きます。

そのときに、正常な状態では細胞内にブドウ糖を貯めるように働きますが、糖尿病ではこの働きがうまくできません。そのために、血液からできている尿からブドウ糖を排泄するように働きます。これが尿糖の原因で、英語名が「Diabetes Mellitus」となった理由です。

糖尿病の種類

hba1c14糖尿病は大きく2種類に分類することができ、遺伝子異常が根底にある1型糖尿病と、生活習慣が大きく影響している2型糖尿病に分類することができます。発生頻度は1型糖尿病が約5%に対して、2型糖尿病が約95%と言われています。

環境因子が関わっているため、2型糖尿病は肥満が多く、1型糖尿病は肥満とは関連はありません。

1型糖尿病はすい臓のランゲルハンス島にある3つの細胞のうちの一つである膵β細胞機能によって生成されるインスリンの分泌異常が原因のため、インスリン投与が必須になります。

2型糖尿病はインスリンの分泌はできても、インスリン自体の働きが弱くなっている場合や、インスリンを邪魔する抗体がある場合や、インスリンを筋肉に取り入れる場所が少ない場合や、そこに異常がある場合が原因のため、インスリンの作用が低下するために起こります。

2型糖尿病は、過食や運動不足などの生活習慣の乱れが続くことが原因で、インスリンの作用が低下すると考えられています。

糖尿病の症状

hba1c28体は血糖値が高くならないように働き続けますが、インスリンの作用が低下しているため高血糖の状態が続きます。

高血糖の状態が続くと、前述したような尿糖がみられるだけではありません。ブドウ糖を含んだ尿を多く排泄するために多尿となり、排尿回数が増えます。

多尿になるために多くの水分を欲してしまい、多飲となります。細胞内ではブドウ糖を吸収できないため、空腹を感じてしまい、エネルギーを作ることもできず疲れやすくなってしまいます。

また、血中ケトン体が上昇し、血液が酸性に傾き、高血糖と脱水が重なると糖尿病ケトアシドーシスとなり、意識障害を起こすことがあります。この意識障害は糖尿病昏睡と呼ばれています。ただし初期症状は自覚しないこともあります。

これらの糖尿病症状チェックをすることが、第一歩になります。

糖尿病の合併症

hba1c15糖尿病の3大合併症と呼ばれているものは、細い血管に対する障害がでているものです。1つ目は眼の障害と呼ばれ、白内障や網膜症があります。

失明原因の第2位も糖尿病網膜症で、網膜(眼底)での出血が硝子体に拡がり、血液が凝固したことで網膜を引き剥がす力が働き、網膜剥離を引き起こし視力低下だけではなく失明してしまいます。恐ろしいのは、重症になるまで自覚症状が無いため、視野異常が現れる時には病状は進んでいます。

そのために、定期的に眼科を受診する必要があります。白内障では視力の低下がみられます。2つ目は腎臓の障害と呼ばれ、腎臓の細い血管を障害することによって、腎機能の低下を招き、老廃物を排泄できなくなり尿毒症や腎不全となり人工透析が必要になります。

人工透析は、週に数回通院する必要があり、生活する上で大きな負担となってしまいます。また、腎臓から分泌されている赤血球を生成するために必要なホルモンが不足することによって、腎性貧血を引き起こします。また、腎臓の機能が低下するために、高血圧となりやすく、それに伴い心不全に至ることもあります。これらのことを含めて糖尿病性腎症と呼ばれており、人工透析導入原因の第1位と言われています。

3つ目は神経障害と呼ばれ、末梢神経でのしびれや冷え、知覚障害が引き起こされ、靴擦れや擦り傷などにも気づかずに治療が遅れてしまい、四肢を切断しなければいけない状態になることもあります。脳神経では、顔面神経麻痺による無表情や、眼球運動が障害されることもあります。

自律神経の障害では、動作時に血圧のコントロールができず起立性低血圧や、消化器機能低下による食欲不振や胃もたれ、便秘や下痢などが起こることがあります。また、尿や便が溜まっても感じなくなる膀胱直腸障害となることがあります。他にも勃起障害や発汗異常などがあり、これらを含めて糖尿病性神経障害と呼びます。

hba1c263大合併症の他にも、糖尿病の合併症として太い血管の障害である大血管障害があります。血管内にブドウ糖が多くある状態により、血管の内側を傷つけてしまい炎症が起こります。その炎症を治す過程で脂肪の沈着が起こり、増殖することでプラークという塊が形成され血管内腔が狭くなります。

線維化が働くことで血管が硬くなり動脈硬化症を引き起こします。動脈硬化を引き起こす要因としては、脂質異常症や高血圧、喫煙などがありますが、2型糖尿病の場合は脂質異常症や高血圧を合併していることが多いです。動脈硬化により血管内腔が狭くなることで、臓器への血液の供給ができなくなる場合や、プラークが破たんすることによって、心臓の血管である冠動脈で起こった場合は狭心症や心筋梗塞となり死に至ることもあります。

糖尿病がない人に比べこれらの病気のリスクは約3~4倍と言われています。脳血管で起こった場合は脳卒中と呼ばれていた脳血管障害となり、死に至る場合や麻痺が残ることもあります。糖尿病がない人に比べリスクが約3倍に上がります。

足である下肢で起こった場合は下肢動脈硬化症となり、初期では無症状ですが、徐々に歩行時に痛みがでるため歩行距離が短くなり、連続して歩行ができなくなり、歩行中に休憩が必要となる間欠性跛行となります。さらに進むと動いていない状態でも痛みを生じ、最終的には細胞への血流が妨げられることで潰瘍ができ、黒色に腐ってしまいます。

高血糖によって血液の防御機能が低下してしまい、感染しやすくなることや、傷の治りが遅くなってしまうことがあります。神経障害や動脈硬化によって糖尿病では糖尿病性壊疽と呼ばれる、特に足の指やくるぶしが腐ってしまう状態が引き起こされてしまいます。

靴擦れなどによって足に傷ができた場合は、傷が治っているのか確認し早期に病変に気づくことが大切になってきます。糖尿病となった場合は、足の指やくるぶし、指の付け根などに異常がないか確認し、爪の長さも注意する習慣をつけることで予防していくことが必要です。

糖尿病予防に…貴方は今何をすべきなのか?血糖値を下げるには?

hba1c17糖尿病の発生危険因子として加齢、家族歴、肥満、運動不足、血糖値の上昇、ストレス、喫煙と言われています。

家族歴は、血族内に糖尿病の人がいれば糖尿病となる可能性が高いと考えられています。加齢や家族歴は対処の方法がないので、その他の危険因子である生活習慣を改善することが大切です。

まず、血糖値の上昇を抑えるためには、食べ過ぎや飲みすぎを控えること、特に高脂質の食事は避けましょう。簡単に言うとバランスのよい献立を規則正しく食べる食事療法が一番の予防方法になります。血糖値が高い状態をつくらないためには、食事回数を3回きちんと分け、空腹時間が長くなりすぎないこと、1食毎の量のバランスがとれることが大切です。

また、同じカロリーでも食後血糖値が上昇しやすさを表すGI値という指標があり、食品ではすぐに糖にかわってしまう炭水化物はGI値が高いです。そのため、急激な血糖値の上昇を予防するためにも低GI値の食品やメニューを選択することも食事療法として有効でしょう。

また、運動することでブドウ糖の消費につながるので、血糖値の上昇を抑えるために効果的です。ウォーキングなどの有酸素運動を1回50分、週3回以上行うことが勧められています。

バランスのよい食事や運動不足を解消することは、肥満の改善にも効果があります。肥満になるとインスリンの抵抗性が高くなり、高血糖の状態が長く続いてしまうため、肥満の改善も糖尿病予防には大切です。

睡眠時間が少ないことや、睡眠の質が悪い、ストレス、喫煙なども血糖値を上昇させてしまう要因となるため、生活習慣全般を改善することで、糖尿病予防につながります。

糖尿病予防のために知っておきたい成分2つ

難消化デキストリン

もしも糖尿病と診断されてしまったら、風邪の様に治る病気ではありません。糖尿病と診断されてしまったら、治療として行うことは血糖値を良好な状態にコントロールすること、糖尿病の合併症を予防することです。

そのために、糖尿病と診断される前である予防の段階から、血糖値の上昇を抑えることが大切です。そこで、

血糖値の上昇を抑える効果があり、注目されているのが、難消化デキストリンです。

難消化デキストリンって何?

トウモロコシ難消化デキストリンは、消化が難しいという意味の難消化という言葉に、数個のα-グルコースが結合し化合物となった物質の総称ででんぷんの一つであるデキストリンを指しており、簡単に言うと消化しにくいでんぷんという意味になります。

難消化デキストリンの原料は、今まで私たちが摂取してきた食物であるトウモロコシやジャガイモなどのでんぷんです。このでんぷんから特に消化が困難な成分を抽出し、調整したものが難消化デキストリンの正体です。この消化が困難な成分は、実は便秘解消に効果があると言われている食物繊維です。

食物繊維には水に溶けやすいか溶けにくいかで、2種類に分類されており、難消化デキストリンは水に溶けやすい性質があり、水溶性食物繊維に分類されています。

難消化デキストリンが開発されたのは、食事の欧米化が進んだことにより、不足しがちとなった食物繊維の摂取を補うためでした。

不足しがちとなった食物繊維を補うために開発された難消化デキストリンですが、様々な効果をもっているため、特定保健用食品としても認められています。保健機能食品は特定保健用食品と栄養機能食品と分かれており、トクホとも呼ばれている特定保健用食品は、からだの機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品とされています。

からだの機能とは、血圧や血中コレステロール、お腹の調子などを整えたりするのに役立つものです。特定保健用食品とされるには、効果や安全性などの検討を行った上で消費者庁が認めたものだけが表示できます。

難消化デキストリンの原料は今までも摂取してきたことがある食品のトウモロコシやジャガイモであり、安全性も高く、特定保健用食品としては摂取量の制限も指摘されていません。

食物繊維って何?

わかめ食物繊維という名前は聞いたことがあり、便秘解消に役立つとご存知の方は多いと思います。しかし、食物繊維の正体はなんでしょう。厚生労働省が定めた栄養表示基準では「ヒトの消化酵素で消されない食物中の難消化成分の総称」と定義されています。

栄養としては役にたっていないために、食べ物のカスとも考えられていましたが、1971年にイギリスのバーキット博士が『食物繊維の摂取量が少ないと大腸がん発生のリスクが高くなる』と食物繊維の働きに関する仮説を発表したことで、注目されるようになりました。

注目されることに相反して、日本人の食生活が欧米化に変わっていくのに伴い、食物繊維の摂取量の推移としては、1947年に比べ2008年は約半減してしまっています。米や雑穀の摂取量が減少していることが原因といわれています。そのために、手軽に摂取できる食物繊維の開発が必要となりました。

前述したように食物繊維は2種類あり、水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維に分けられています。不溶性食物繊維を多く含んでいる食材は、カニやエビなどの甲殻類や穀類、豆類などでボソボソ、ザラザラしています。水分を吸収して膨らむため、胃や腸を通過するときに腸の動きを活発にさせることで、便の通りを良くする働きがあります。

それに対して、水溶性食物繊維を多く含む食材には海藻類であるワカメや昆布、こんにゃく、くだものなどがあり、ネバネバと粘着性があるものと、サラサラと粘着性がないものがあります。水分を保持することによって、粘着性がますことにより胃腸をゆっくりと動くことで、栄養素の吸収をゆるやかにさせる働きがあります。

こんにゃく糖の吸収をゆるやかにする働きもあります。また、腸内で腸内細菌叢を整える働きをもちます。さらに、コレステロールなどを粘着性で吸着し、一緒に体外に排出するように働きます。便秘を改善させるようにする働きもあります。

便通をよくすることによって、腸内での便の停滞を改善し、毒素が溜まりにくくなり、大腸がんや直腸がんなどの発症リスクを低下させるという報告もあります。また、腸内で便が停滞することで、腸の中の圧力が上がることが原因で大腸憩室になってしまいますが、便通を促す働きによって予防も期待できます。

大腸憩室は、1本の通り道になっている大腸に、外側に向かって小部屋のようにくぼみができてしまう状態です。このくぼみである憩室で炎症が起こってしまうと、腹痛や出血の原因となってしまいます。

さらに、食物繊維はコレステロールなどを吸着して排泄すると前述しましたが、ミネラルと呼ばれているカルシウムやマグネシウムなどは吸着されることはなく、反対に腸からの吸収を助ける働きを行っています。

このような働きを持っている食物繊維の中でも、糖尿病の予防に嬉しい働きがあるのは、糖の吸収をゆっくりとさせる働きを持つ水溶性食物繊維です。その中でも難消化デキストリンについて詳しくみていきましょう。

難消化デキストリンの効果

特定保健用食品として認められている効果は「食後血糖値の上昇抑制作用」「食後中性脂肪の上昇抑制作用」「整腸作用」の3つです。他にも「内臓脂肪の低減作用」「ミネラル吸収促進作用」もあります。

それぞれの効果について、さらに詳しく確認していきましょう。

食後血糖値の上昇抑制作用
糖尿病予防には血糖値の上昇を抑えることが一番です。血糖値が一番高くなるのは食後30分から2時間といわれています。

食事でコメや小麦などの炭水化物を口から取り入れ、胃やその他の消化器の働きにより消化され、吸収できる糖の形に分解されます。炭水化物から吸収できる糖の形まで分解されることによって、小腸の粘膜から吸収し血液の流れにのることができます。

消化されたものを吸収することによって、食後に血糖値が上昇します。難消化デキストリンは、小腸での吸収スピードをゆるやかにさせる働きがあります。そのために、血糖値の上昇もゆるやかにすることができます。それに伴って、インスリンの分泌も緩やかになります。

食後中性脂肪の上昇抑制作用
水溶性食物繊維の働きにあるように、水溶性食物繊維が水を含み粘着性をもつことによってコレステロールに吸着し、そのまま便になり排泄されます。

また、栄養素の吸収をゆるやかにする働きもあり、食事に含まれる脂質の吸収もゆるやかにします。

これらの働きによって、すべてを吸収せずに食後中性脂肪の上昇もゆるやかにすることができます。

調整作用
便秘改善作用もあります。難消化デキストリンは水溶性食物繊維であるために、水分を含むことで膨らみます。

そのために、消化器を移動しながら水分を保持できるために便をやわらかくすることができ、便の量がふえることで便秘改善を図ることができます。

さらに、難消化デキストリンは腸内でのビフィズス菌などの善玉菌を増加させ、腸内細菌叢を改善する働きもあるために、下痢も改善する効果もあります。

また、腸の中を便が移動するスピードが速くなることで、大腸の負担も軽減し、毒素が溜まりづらいことから腸の病気の予防も期待できます。

内臓脂肪の低減作用
メタボリックシンドローム診断基準にもある内臓脂肪蓄積を低減させる働きがあるという研究結果が報告されています。
ミネラル吸収促進作用
ミネラルは無機質とも呼ばれ、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄などがあり、体の中ではつくれないために食事で摂取しなければいけません。

ミネラルの働きは、骨などの組織を作り、からだを動かすために使われ、調子を整える作用があります。難消化デキストリンである水溶性食物繊維は、以前はミネラルの吸収を邪魔すると考えられていましたが、粘性がある難消化デキストリンは腸内細菌が活動しやすい環境をつくることによって、大腸でのミネラルの吸収を促進する働きがあります。

以前の研究では、ミネラルの一つである鉄不足により引き起こされる、貧血に対しても、難消化デキストリンを摂取している期間では改善がみられたという報告もあります。

現代人の食生活の変化から増えている糖尿病に対して、食生活の変化によって摂取量が減っている食物繊維を補うために開発された難消化デキストリンは、糖尿病予防に対して様々な効果があります。

特定保健用食品にも指定されているその効能は、糖尿病予防にとても大切な「食後血糖値の上昇抑制作用」だけではなく、「食後中性脂肪の上昇抑制作用」「整腸作用」があります。

これ以外も「内臓脂肪の低減作用」「ミネラル吸収促進作用」があり、糖尿病予防だけではなく健康な身体づくりに役立つ効果が盛りだくさんです。さらに、原料が今までの食生活で摂取していたトウモロコシやジャガイモを原料とした天然成分から作られていることからも、安心して摂取できます。

ALA(アラ)

難消化デキストリンとは別の働き方から、糖尿病予防に効果があると注目されている成分がALAです。

ALAは人のからだの中でも作られているアミノ酸で、植物では光合成をする時にも働き、約36億年前の地球上での生命誕生にも関わったと考えられている成分です。

人体では細胞内のミトコンドリアで働きます。ALAは5-アミノレブリン酸(5-Aminolevulinic Acid)の略称で表される、アミノ酸です。

ALAは普段の食生活でも摂取することができ、日本人にもなじみの深い醤油やお酢、甘酒などにも含まれ、他にも緑黄色野菜であるホウレンソウやピーマンなどや、赤ワインにも多く含まれていると言われています。

ミトコンドリアって何?

細胞ミトコンドリアは細胞小器官の一つで、エネルギーを作る役割をしています。人の体に心臓や肺などの器官がそれぞれの役割を果たすことによって機能しています。この器官もさらに細かくすると、神経組織や筋組織などの組織で構成されており、さらにそれら組織は細胞によってつくられています。

つまり細胞は人の体の最小の単位と考えられており、その中にミトコンドリアをはじめとする細胞小器官があります。ミトコンドリアは、細胞1つの中に1000~3000個存在すると言われています

ミトコンドリアは、細胞の自然な死(アポトーシス)を司っていると言われています。このアポトーシスが起こることで、その細胞周囲の良好な細胞を守る役割があります。

また、ミトコンドリアでエネルギーを産生する際に、水も生成し、この水を代謝水と呼んでいます。この代謝水は肌の水分保持と深く関係があります。

つまり、ミトコンドリアには糖や脂肪を分解することでエネルギーを作りだす役割、細胞自体を良い状態にする役割をもち、エネルギーを産生することで肌の水準保持にも関わっています。

エネルギーをどうやって作るの?

食事普段食べている食事も、栄養素で分けていくと様々に分別でき、大きく分けると三大栄養素と呼ばれる①糖質②脂質③タンパク質に分けることができます。

さらに、これに微量栄養素である④ビタミン⑤ミネラルを加えて五大栄養素と分類されます。三大栄養素は代謝されることにより、エネルギー源となることが知られています。食事によって取り入れた三大栄養素は消化器を通り、小腸で主に吸収されます。

細胞質内での代謝は、酵素の働きによって反応し解糖系と呼ばれ、エネルギーの産生とミトコンドリアに取り込めるピルビン酸などに分解します。ピルビン酸はさらに反応し、ミトコンドリアの中にアセチルCoAとして取り込まれ、酸素と反応し、二酸化炭素と水を生成し、エネルギーをつくりだします。

エネルギーは解糖系とミトコンドリアでつくられますが、量や使用される場所に違いがあります。エネルギー量は解糖系よりもミトコンドリアの方が多くつくることができます。

また、解糖系でつくられたエネルギーは、白筋や皮膚などで使用され、ミトコンドリアでつくられたエネルギーは赤筋や脳、心臓、肝臓などで使用されるため使用量もこちらが多くなります。

ALAとミトコンドリアの関係

ミトコンドリアが正常に働くために、ALAは必要不可欠な存在です。ALAから作られるプロトポルフィンは鉄と結合することでヘムへと変化します。

このヘムがなければ、ミトコンドリアはエネルギーを産生することができません。つまり、

ALAはミトコンドリアでのエネルギー産生を活性化することができるのです。

また、ALAから合成されたヘムは、赤血球のタンパク質でもあるヘモグロビンの生成にも関わっています。ヘモグロビンは血液にのり、全身に酸素を届け、二酸化炭素を回収する役割を担っています。

ALAが不足するとどうなるの?

肌荒れに悩む女性ALAが不足することで、ミトコンドリアの働きを促すことができなくなり様々な体調の変化がでます。まず、ミトコンドリアの働きであるエネルギー産生が不足してしまうために、疲れやすくなり、気力がなくなり、脳も栄養不足になることから集中力がなくなります。

また、細胞を良い状態に保てないために、肌荒れや、水分保持力も低下することにより、肌の乾燥も目立つようになります。また、長期間ALAが不足すると、ALAから合成されるヘムが減少してしまうことにより、血液で酸素運ぶヘモグロビンが減少し、酸素を届けるために心臓に余計な運動をさせることにより動悸が起こることもあります。

また、酸素が全身に不足するために少しの動作で息切れやめまいが起こることもあります。ヘモグロビンが減少している状態のために、貧血と診断されることもあるでしょう。

このように、よく不調と言われる時に出現する全身症状として現れます。

ちなみに、ALAは植物を含めた生物で重要な働きをしており、ALAを植物に与えることによって、ストレスに強く、実も大きくなり、味の良い果物や野菜ができるために肥料にも利用されています。

人によってもALAがあることで、不調といわれる全身症状を防ぐことができると考えられます。

ALAの摂取量

サプリメントALAはもともと体内でも生産されていますが、乳幼児期から上昇し17歳でピークとなり、その後は徐々に減少していきます。40歳代頃には、乳幼児期の半分程度しか産生されないと言われています。そのために、ALAは食事から摂取しなければいけません。

普段の食生活で摂取できているALAは約0.05㎎/日、体外に排出しているALAは約2㎎/日と言われています。年齢を重ねるとともにALAを食事から摂取しなければいけないのに、排出している量が多くなることでALAが不足してしまいます。

この排出量に見合った量を食事からとるとホウレンソウでは約14㎏/日と言われており、とても毎日摂取することは困難な量が必要になってしまいます。効率よく継続してALAを摂取するためには、サプリメントの利用がおすすめです。

ALAが及ぼす糖尿病予防の効果

糖尿病は血糖値が正常よりも高い状態が続くことが原因です。つまり、血糖値が上昇しないように細胞の中のミトコンドリアに糖を引き込み、それをエネルギーへと作り替えるために燃焼させることで血液中の糖を消費させることが対策のひとつです。

ALAはそのミトコンドリアでのエネルギー産生を促す働きがあることから、血液中の糖を減少させます。つまりALAによって血液中の糖を材料として、ミトコンドリアでエネルギー産生が促され、血糖値を下げる効果があります。

糖尿病予備軍を対象に行った臨床試験では、空腹時血糖と食後高血糖が低下する効果が確認されています。また、2型糖尿病の方を対象とした試験でも、HbA1cを優位に低下させることが確認されています。

難消化デキストリンは食事と一緒に摂取することによって糖の吸収を阻害し、糖尿病予防に効果があり、食後血糖の上昇を抑える効果がありましたが、ALAはミトコンドリアでのエネルギー産生を促す働きがあるため食事と一緒に摂取する必要はなく、エルギー産生を促すため常に働き血糖値の上昇を抑えるため、食後血糖だけではなく空腹時血糖も下げる効果があります。

ALAの糖尿病以外での期待できる効果

肌の調子が良い女性ALAはミトコンドリアでのエネルギー産生を促す働きから、エネルギー代謝を高めることによって基礎代謝を高めます。その際に、体温も上昇させる効果が人でも確認されています。

さらに、

ラットでの研究ではALAを餌に混ぜて摂取していた場合、脂肪蓄積を抑える効果が認められていました。人での効果はまだ確認できていませんが、基礎代謝や体温が上がる効果から、脂肪蓄積を予防する効果も期待できます。

また、エネルギー産生をする際に生まれる代謝水によって、肌の保水効果が生まれます。肌の保水効果は、肌そのものの乾燥予防にとどまらず、肌あれ予防効果にもつながります。

さらに、ハリや弾力性を高める効果もあります。ミトコンドリアが活発に働くことによって、細胞そのものを新しく保つ効果があるため、肌表面だけでなく奥深くの細胞から生まれ変わるターンオーバーを促します。

保水効果によってハリや弾力性が生まれ、ターンオーバーも促すことで肌をより美しい状態に保つことが期待できます。

ALAはミトコンドリア内での糖を材料としたエネルギー産生を促す働きがあり、血糖値を減少させる働きがあります。ALAは食後血糖だけではなく、空腹時血糖の減少にも効果があり、長期間の高血糖状態の指標であるHbA1cを低下させることも確認されています。

ALAの効果は糖尿病予防だけではなく、エネルギー産生を促す働きから基礎代謝を上げ、糖を代謝するときに産生させる代謝水を増加させることで、肌の保水効果も期待でき、ターンオーバーも促すことで肌を美しい状態で保つことが期待できます。

エネルギー産生を促すことから疲労感を減少させ、からだ自体を若々しく保つ効果が期待できます。

太古の昔からある成分で生命にとってなくてはならない働きを持っていますが、人では体内での産生は17歳をピークに減少し、食事から摂取することが望まれます。

しかし、日々の食事からの摂取量は不足しており、さらに毎日ALA自体を排泄していることから、食事から必要量を摂取するためにはホウレンソウでは約14㎏/日が必要です。日々必要量を摂取することは困難なため、サプリメントの利用が望まれます。

難消化デキストリン、ALA(アラ)にはダイエット効果はある?

ジョギング糖尿病予防として注目されている難消化デキストリンやALAには、糖尿病予防にも関係低してとても嬉しい効果としてダイエット効果も期待できます。

そもそも、糖尿病は血液中に糖が過剰となっていることが原因です。その糖が過剰となっている状態が、全身で言えば、栄養が多くなっている状態であり、肥満にもつながります。その糖尿病を予防する効果が注目されている難消化デキストリンとALAにはダイエット効果があっても納得です。

難消化デキストリンのダイエット効果としては、特定保健用食品として認められている効果でも「食後血糖値の上昇抑制作用」「食後中性脂肪の上昇抑制作用」「整腸作用」、だけではなく「内臓脂肪の低減作用」「ミネラル吸収促進作用」すべてが関わってきます。

血糖値が急上昇してしまうと、それだけ急激にインスリンが必要となり、脂肪として取り込もうと働きますが、血糖値の上昇を抑制されることでインスリンの分泌の量が少なくなりそれに応じて脂肪への取り込みも少なくなります。

また、中性脂肪も体内に脂肪として蓄えられるため、上昇を抑制することで、脂肪の蓄積予防につながります。また、内臓脂肪も低減作用もあるため、すでにある脂肪に対しても働いてくれます。

筋トレ整腸作用によって便秘の改善だけではなく、下痢も改善させる効果も期待できるために、消化がよくなります。

便秘によって便となった不要物が排泄されずに、腸に長時間不要物がいることで、毒素が腸から吸収されてしまい解毒のために肝臓などの臓器に疲れがでることもあります。

また、長時間便として腸内にいるために、必要以上に栄養分を吸収してしまうことでそれが、皮下脂肪につながるとも言われています。これらによって、代謝そのものを悪くさせ、太る原因となっていることもあるため、便秘の改善はダイエットには必要不可欠となります。

ALAのダイエット効果としては、エネルギーの燃焼を促進する効果があり、基礎代謝を上げる効果が期待できることが挙げられます。エネルギーの燃焼を促進することによって、体温も上昇するため、ラットでは脂肪蓄積を抑制する効果がみとめられていました。

人でも体温を上昇させる効果が確認されているので、脂肪蓄積を予防する効果も期待できます。

難消化デキストリン、ALAを面倒がらず、摂リ続けるためには…

難消化デキストリンの代替えとして食物繊維を多く含むゴボウやレタスなどの野菜や、ALAを多く含むホウレンソウやピーマンなどの緑黄色野菜を、毎日の生活で摂り続けることはなかなかできません。

食物繊維の一日必要摂取量は年齢や性別で変化しますが、成人男性で約19g以上、成人女性で17g以上と言われています。これを食物繊維が多く含まれているゴボウ1本150gで換算すると、女性で2本、男性では2本では不足してしまいます。

ALAを多く含むホウレンソウは100gで21.2㎍含まれており、もちろん、他の食品にも食物繊維は含まれていますが、なかなか食品だけで、必要量を摂取し続けることは困難でしょう。

続けて摂取するためには、手軽に取り入れることができなければならず、食事にこだわらずにサプリメントを利用することがおすすめです。

アラプラス糖ダウン

郷ひろみさんがCMをしているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、一番おすすめしたい商品がアラプラス糖ダウンです。糖尿病予防は継続することがとても大切なため、手軽に摂取できなければいけません。その点、この商品は1日1回1カプセル摂取すればよいととても手軽に続けることができます。

また、摂取する時間も、食後や食前などのタイミングの指定もないため、摂取する人の都合で時間を決めることができます。ひとり一人の生活リズムに合わせて摂取できるため、手軽に続けることができることがおすすめするポイントです。

ALAが含まれているこのアラプラス糖ダウンですが、ALAはミトコンドリア内に取り込まれたブドウ糖をエネルギーへ変換することを助け、空腹時血糖値が高い状態が続くことを防ぐ働きがあります。

このアラプラス糖ダウンのALA含有量は、なんと1カプセルにホウレンソウ約93㎏分以上、トマト約150㎏以上の量が含まれており、到底普段の食生活で摂取できない量を摂取することができます。

さらに、おすすめしたい理由として、機能性表示食品として消費者庁に安全性及び機能性の根拠について届け出を行っている保健機能食品という点があり、安心して摂取できる商品といえます。

アラプラス糖ダウン公式HP

アラプラス糖ダウンの口コミ評判1
アラプラス糖ダウンは主人に合っているようです
主人の血糖値が気になり、何か対策できればと思いはじめたのが「アラプラス糖ダウン」です。以前は他のサプリメントを試していましたが、飲むタイミングがありとても面倒くさくなって途中で断念しました。しかしこの「アラプラス糖ダウン」は違いました。「アラプラス糖ダウン」はいつで好きな時に飲めるので、主人も毎日服用しています。血糖値に効くサプリメントはとても多いのですが、「アラプラス糖ダウン」は臨床試験を行っているので安心です。

今は主人の体調もだいぶん良くなったようです。「アラプラス糖ダウン」は1日1カプセルだけでいいので、旅行や出張の時にも携帯させています。血糖値が気になっている方は、ぜひ一度このサプリメントをお試しください。

アラプラス糖ダウンの口コミ評判2
2カ月目からアラプラス糖ダウンの効果が出てきました
糖尿病の家系に育った私は、血糖値についてはいつも注意していました。しかし最近は年のせいもあり、血糖値が少し高めの数値になることが増えてきました。まだそんなに慌てるほどのことではなかったのですが、この前行きつけの薬局ですすめれた「アラプラス糖ダウン」を試してみることにしました。薬剤師さんから飲み方を教えてもらい、その日の夜からスタートしました。最初の1カ月間はそんなに効果はなかったのですが、2カ月目から少しずつ効いてきた感じです。

そしてこの前血糖値を調べてみましたが、少し下がっていました。このままいけば、まだ下がるかもしれません。アラプラス糖ダウンはいつでも簡単に飲めるのがいいですね。今後この調子でアラプラス糖ダウン続けていきたいです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁

次におすすめしたいのは、ALAではなく難消化デキストリンを含んでいるヘルスマネージ大麦若葉青汁です。空腹時血糖値上昇を抑制するALAとは違い、難消化デキストリンは食後に糖の吸収を穏やかにすることによって、食後血糖値の急激な上昇を抑える働きがあり糖尿病予防につながります。

食事の時に1袋を約100mℓの水かお湯等に溶かして、摂取します。青汁の原料として大麦若葉を使用しており、この大麦若葉の栽培期間中に農薬を使わないで育てるなど安全面にも配慮している商品です。大麦若葉は、ビタミンがアスパラガスの約9.5倍、女性が不足しがちな葉酸が小松菜の約6.5倍、鉄分がホウレンソウの約8.8倍と100gあたりの栄養素も大変恵まれた食品です。

難消化デキストリンには、腸内環境を整えることによってミネラルの吸収を促進する効果もあるため、豊富な栄養素も効率よく体内に取り込むことが期待できます。青汁と言えば、苦くて飲みづらい印象がありますが、このヘルスマネージ大麦若葉青汁は、味にもこだわり飲みやすくなっています。

水に溶かすだけなので、簡単に準備ができ、食事の時の栄養サポートの役割と共に、難消化デキストリンによる糖尿病予防効果が期待できるため、おすすめしたい一品です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁公式HP

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の口コミ評判1
ヘルスマネージ大麦若葉青汁を夫婦で飲んでいます
ヘルスマネージ大麦若葉青汁は夫婦で飲んでいます。特定保健用食品は、妻がスーパーや通販でよく買うので、私も一緒に飲むようになりました。実は、4、5年前までは、特定保健用食品には興味がなく、毎日、自分の食べたいものを食べていました。ところが、ある日、ドクターから、血糖値が高いですね、と言われ、それを機会に健康食品に興味をもつようになったんです。

妻はずっと青汁を飲んでいたので、もしかしたら、それで健康を維持しているのではないかと思いました。青汁を飲むようになってからは、血糖値は落ちついています。飲んでいなかったころに比べると、朝の目覚めが、すっきりしていて、体も軽いような気もします。もっと早くはじめていればよかったと思っています。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の口コミ評判2
ヘルスマネージ大麦若葉青汁は会社でもよく話題になります
青汁は私の会社でもよく話題になります。テレビのCMで、タレントさんが宣伝しているのをよく見ていましたが、今までは飲みたいとは思いませんでした。日々の食生活で栄養がちゃんととれていたからです。私は血糖値が少し高めだったのですが、会社の同僚の女性が、青汁を飲んでから血糖値が下がった、ということを聞いて、それなら私も飲んでみようと思いました。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、同僚が飲んでいたものと同じで、血糖値が上がりにくくなるといわれている食物繊維がはいっているものでした。お茶みたいな味なので、これなら私でも飲めると思いました。最近の青汁は、栄養面だけでなく、飲みやすさなど、他の要素も考えられているのだなと思いました。しばらく続けてみようと思っています。

フィットライフコーヒー

食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果がある難消化デキストリンを含んでいる商品を探している方で、コーヒーを飲む習慣がある方には、フィットライフコーヒーという選択肢もあります。

インスタントコーヒーと同様の作り方で、フィットライフコーヒー1包をお湯100mℓで溶かすだけで作れるので、新たな手間が不要です。今までのライフスタイルの中に取り入れやすいものを使っていくことで、継続することが簡単にできます。

今まで使っていたインスタントコーヒーとフィットライフコーヒーを入れ替えるだけで、続けられるため、サプリや食生活の改善が続かなかった人に最適です。

フィットライフコーヒー公式HP

フィットライフコーヒーの口コミ評判1
フィットライフコーヒーでダイエットできるかもと思いました
私はそれまで、コーヒーはあまり飲んでいませんでした。コーヒー独特の苦味が嫌だったんです。ダイエットコーラやお茶など、ほとんどカロリーがないものを水代わりに飲んでいましたが、足がむくんだり、ひどいときはむくみが顔にでたりして、悩むこともありました。でも、ある雑誌で「コーヒーダイエット」の記事を読んだときに、あ、コーヒーでダイエットできるんだと、はじめて知りました。

それ以来、フィットライフコーヒーを飲むようになりました。コーヒーには利尿作用があるので、トイレの回数は増えましたが、むくみは少なくなりました。苦味を薄くするために、いつも牛乳をいれています。食べているわりにはツウジが少ないのが悩みだったんですが、最近はツウジの回数も増えてきました。

フィットライフコーヒーの口コミ評判2
フィットライフコーヒーは妻が飲んでいます
私の女性に対するイメージは、昔は、椅子に座りながら優雅に紅茶をすすっている、というものでした。でも会社では、女性が飲む飲料水といえば、お茶やミネラルウォーターが定番で、最近は水素水やコーヒーを飲む女性も多くなってきました。水素水はわかるのですが、どうしてコーヒーなんだ、ってずっと思っていました。コーヒーがダイエットにいいことを知ったのは、同僚の女性社員から教えてもらったときでした。

むくみや脂肪燃焼など、いろんな効果がコーヒーにはあるみたいですね。それを妻に話したら、一週間もしないうちに、小包が届けられてきて、中身はフィットライフコーヒーでした。そのコーヒーには、血糖値を下げる効果もあるようです。妻は、健康のために、と言っていますが、どうやらダイエット効果を期待しているようです。

えん麦のちから

難消化デキストリンとは違いますが、同じ水溶性食物繊維であるβ―グルカンにも食後血糖値の急激な上昇を抑え、腸内環境を整える作用があります。このβ―グルカンを含んでいるえん麦は、グラノーラやオートミールとしてよく食べられていた穀物の一つです。

このえん麦を使ったえん麦のちからは、牛乳や豆乳にまぜて飲み物としてや、お料理の材料として取り入れることができ、形をかえ楽しむことができます。日本ではあまり知られていないえん麦ですが、厳しい環境下でも育つ食物の強さから、様々な国で食べられてきました。

えん麦を摂取していた人に、生活習慣病が少ないことをから食物繊維の有効性が見直されるきっかけとなった食材とも言われています。

えん麦のちから公式HP

えん麦のちからの口コミ評判1
えん麦のちからの定期コースを検討中です
友達から便秘に効いたということで、「えん麦のちから」を飲み始めました。最初は半信半疑でしたが、しばらくしてその思いもなくなりました。私の場合、飲み始めてすぐに効果が出てきました。あんなに悩んでいた便秘が、少しずつ改善されてきました。「えん麦のちから」はいろいろな飲み方があるみたいですね。みなさんはどのように飲んでいますか?

私の場合、夕食の時に食べるヨーグルトの中に、薄く切ったバナナを入れて飲んでいます。人によって飲み方があると思いますので、一番飲みやすい方法で行えばいいと思います。最近はお通じの機会が増えてきましたので、定期コースにするかは現在検討中です。「えん麦のちから」のお試しセットがもう一度注文できたらいいのに、と思っています。

えん麦のちからの口コミ評判2
えん麦のちからで早くきれいな体になりたいです
最初は少し不安がありましたが、今は飲んで良かったなと思っています。「えん麦のちから」を飲み始めてから1週間程度経ちましたが、特に異常は出ていません。最初お腹が悪くなったり、体調が悪くなったらどうしよう、と心配していました。しかしそれも取り越し苦労で、最近はとても体の調子が良くなりしまた。実際飲んでみて、体にとてもやさしい商品だということが分かりました。

私は現在、「えん麦のちから」を豆乳と一緒にシェイクして飲んでいます。これが本当に飲みやすいんです。皆様にもぜひおすすめしたいと思っています。私の目標は、体重を10キロ減らすことです。まだまだ時間がかかりそうですが、1週間でこの調子ですので期待できそうです。「えん麦のちから」を飲んで、早くきれいになりたいです。

HbA1cと糖尿病と血糖値についてまとめ

hba1c22糖尿病は徐々に進行してしまい、治らないと言われいている病気です。

糖尿病の合併症には、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症と言われる3大合併症である細い血管に傷害を及ぼすものだけではなく、大きな血管に影響を及ぼすことで引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞などがあります。

これらは具体的に症状が進むと、毒素の排泄ができず透析という治療が週に4回4時間程度の通院が必要になること、眼が見えなくなること、足や手にしびれや疼痛がでること、感覚がなくなってしまうこと、さらに進めば足が腐り切断しなければいけない状況になります。

また、心筋梗塞や脳梗塞は命の危険があり、命が助かっても麻痺が現れることで、その後の生活に支障を及ぼすことがあります。

hba1c5糖尿病の合併症を予防するためには、糖尿病とならないよう予防することが大切になります。

糖尿病予防は運動や食生活などの生活習慣の見直しが効果的ですが、簡単にはできません。

食生活において、難消化デキストリンやALAは生活に取り入れることで糖尿病予防ができます。

難消化デキストリンは食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果があり、ALAは空腹時血糖値の上昇を抑えることができます。

これらの働きによって、血糖値を正常値に近づけることによって、糖尿病予防に働きます。

自覚症状がなく徐々に進行する糖尿病の恐ろしい合併症とならないためにも、難消化デキストリンやALAを取り入れた生活をしていきましょう。

糖尿病に不安を抱えている人のための関連Q&A

血糖値はどうやって測定するの?

血糖値の測定は、病院などで採血によって測定する方法と、SMBG(Self Monitoring of Blood Glucose の略)、つまり血糖自己測定もできます。糖尿病と診断され、必要と医師が判断した場合は、保険適用され血糖値測定器などの道具が処方され、測定方法の説明があります。

SMBGでは、専用の器具を使用し指先から1滴ほどの血液をだし、血糖値測定器にその血液を付けることによって血糖値を測定することができます。

1型糖尿病と2型糖尿病とはどういった違いがあるのでしょうか?

紀元前から糖尿病には、痩せ型と肥満型の2つの型があるということは、古代インドの医学書に記載されていました。1950年代以降、日本では糖尿病を若年型と成人型の二つに分けて考えていました。若年型は生命を維持するためにインスリンを必要としているものが大半で、成人型ではそれを必要とするものが少ないと知られていましたが、インスリンを生命の維持に必要としない症例とインスリンを生命の維持に必要とする症例が、若年型、成人型それぞれにいることが明確に分かりました。

1980年代に糖尿病は、インスリン依存型糖尿病とインスリン非依存型糖尿病に大きく分けることになりました。さらに研究が進むことで、膵島ベーター細胞破壊が原因であるインスリン不足を1型糖尿病、インスリンの分泌不全とインスリン抵抗性が原因のものを2型糖尿病と大きく分類することになりました。

1型糖尿病と2型糖尿病の違いは何?

原因
前述したように一型糖尿病は膵島ベータ細胞破壊されてしまい、インスリンが分泌できなくなってしまっている状態です。そのためにインスリンを体外から補給しないと、命に関わるためインスリン注射を欠かしてはいけません。2型糖尿病は遺伝、食習慣、肥満、運動不足、ストレスなどをきっかけに発症することが多いです。インスリンの効果が効きづらい場合や、インスリンを受け取る受容体が満足に受けられない状態となる問題が起きている場合があります。

症状
1型糖尿病は若年性と言われていたこともあり、発症するのは子どもを中心とした若い人に多く、症状としては体のだるさや疲れやすいなどといった風邪に似た症状が最初に起こります。そこから喉の渇きを訴えることが多くなり、よく水分を取るようになります。それに伴っておしっこの量も増えていきます。急激に痩せてしまうこともあります。インスリンが分泌出来ていないために、放置してしまうと高血糖状態になってしまうために、ケトアシドーシスに陥ってしまいます。突然発症することがほとんどで、病状の悪化も急速なために注意が必要です。命にかかわる為、疑わしい症状が見られた場合は、早期に受診するようにしましょう。
2型糖尿病は中高年で多く発症し、 自覚症状が起こる前に健康診断や、体調を崩した時に受診し採血を行うことで発覚することが多いです。 糖尿病の症状である喉の渇き、水分摂取が多くなるといったものを自覚することはほとんどないでしょう。しかし、そのまま放置してしまうと糖尿病合併症のおそれがある為、専門医を受診して治療を開始することが大切です。

治療方法
1型糖尿病と2型糖尿病では治療方法が違います。それは発症の違いにより、1型糖尿病は膵島ベータ細胞破壊されているために、インスリン分泌が出来ずインスリン注射が必ず必要となります。 それに対して2型糖尿病は、インスリン分泌が不足しているものや受容体の問題によって起こっているため必ずインスリン注射が必要というわけではなく、食事や運動療法が中止になります。食事や運動療法で改善が見られない場合は、飲み薬やインスリン注射が処方されることになるでしょう。

ケトアシドーシスとは

1型糖尿病に起こりやすいケトアシドーシスは、ケトン体という酸性の物質が多くなってしまい血液が酸性に傾いた状態を言います。ブドウ糖をエネルギーとして分解するときインスリンが必要です。インスリンが不足してしまうと、ブドウ糖をエネルギーとして使えないために、脂肪を分解することでエネルギー源として使います。その時にケトン体という酸性物質が出来てしまいます。症状は吐き気や、嘔吐、めまい、頻脈、だるさ、呼吸状態の変化、意識障害があります。即座に受診することが必要です。

1型糖尿病と言われてしまいました。1型糖尿病にも種類があるのでしょうか?

糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病があります。それは発症の仕方が違うことから、外部からのインスリンの補給が生命の維持に必要かどうかで分けられています。紀元前に書かれたインドの医学書では、糖尿病は痩せ型と肥満型の2つに分けられていました。1950年代以降になると、糖尿病は若年型と成人型に分けられました。年齢だけで判断していましたが、インスリンが生命の維持に必要な症例が若年型に多くても、成人型の中にもいることが分かりました。1980年代になり、インスリン依存型糖尿病かインスリン非依存型糖尿病に分けられました。

1型糖尿病の種類

1型糖尿病は発症してから、インスリンが必要になるまでの期間によって3つに分けられています。1型糖尿病は子供が中心と言われていますが、中高年でも発症します。

劇症1型糖尿病
最も急速にインスリンを必要とする劇症1型糖尿病は、発症してから日の単位でインスリン依存に至ります。初期症状は、風邪のような症状やお腹の調子が悪いといった様な消化器の症状の場合が多く、見落とされがちです。脱水症状と判断されてしまいブドウ糖液を点滴されてしまうと、血糖値がさらに高くなってしまうため、命の危険にさらされます。

急性発症1型糖尿病
発症してから3ヵ月程でインスリンが必要になってしまうものを急性発症型1型糖尿病と呼んでいます。1型糖尿病の多くは、この急性発症1型糖尿病の型を示します。

緩徐進行1型糖尿病
1型糖尿病の中でも2型糖尿病と当初は診断され治療を開始していたが、徐々にインスリン分泌能が低下してしまい、最終的にインスリン依存状態になってしまう糖尿病を、緩徐進行1型糖尿病と言います。 数年かけて徐々にインスリン分泌能が低下してしまうこともあり、2型糖尿病との鑑別をしなくてはいけません。緩徐進行1型糖尿病は早期の段階でインスリン治療が進められ、早期に行うことで安定した血糖値のコントロールが長期的に得られやすくなります。安定した血糖コントロールは、糖尿病合併症の予防にもつながります。

1型糖尿病と2型糖尿病の鑑別方法

1型糖尿病は早期の段階からインスリン注射を行うことが、治療として有用なため、 2型糖尿病と鑑別する必要があります。1型糖尿病は膵島ベータ細胞破壊によりインスリン分泌不全が起こっているので、炎症反応や自己抗体を認めることが多く、それらを調べる事で1型糖尿病かどうかを推測することが可能と言われています。

検査項目
自己抗体、抗 GAD 抗体、IA-2抗体

抗 GAD 抗体を検査するタイミング
抗 GAD 抗体検査することで、1型糖尿病の診断をするとともに、初期の段階では2型糖尿病と似ている緩徐進行1型糖尿病の早期診断にもつながります。
糖尿病と診断された時に検査することが多いですが、その後も急激な高血糖を認めた時にも検査をします。また家族に1型糖尿病の人がいる場合、自分自身が自己免疫疾患を持っている場合には、自己抗体の異常によって1型糖尿病となっている場合があるので、検査するようにしましょう。飲み薬の開始時、飲み薬で治療を行っていても治療効果が得られない場合、インスリンを使用していても血糖コントロールが安定しない場合は調べましょう。他にも Cー ペプチド反応が低下していた場合、BMIが低い場合も検査をしましょう。

抗 GAD 抗体が陰性でも、1型糖尿病によく見られる所見がある場合は、1型糖尿病疑いとし経過を観察します。 陽性の場合でも10U/ml未満では、1型糖尿病疑いとされ経過を観察します。しかし、1型糖尿疑いの中でもIA-2抗体やインスリン抗体が認められる場合には、1型糖尿病と診断します。10U/ml以上の時には1型糖尿病と診断します。
かかりつけ医や専門医と相談し、必要時には検査を行っていきましょう。

糖尿病患者の怪我について教えてください。

お悩み掲示板などを見ていると糖尿病を患った方が「怪我をした場合、注意しなければいけない」ということは自覚されていても「どう注意したらいいのかわからない」ということが多く見受けられます。その答えも、合併症がなければ、神経障害が出ていなければ気にしなくてもいいというようなものもあります。しかし、糖尿病であるということは高血糖状態のため怪我の治癒にも時間がかかり、感染する恐れも糖尿病ではない方より多くあります。

どうして糖尿病の人は怪我が治りにくいの?

糖尿病の人が怪我が治りにくくなるのは、3つの理由があります。

・糖尿病の人は高血糖状態が続くことで、血管の内皮細胞を攻撃してしまい、内皮細胞の機能不全を起こします。これは血管の大小関係なく起こるために、大動脈から毛細血管にまで影響し、動脈硬化を引き起こします。また、高血糖状態のために血液がドロドロした状態になっており、毛細血管では血流量が低下してしまいます。その結果、身体各部への酸素供給や栄養供給に支障をきたしてしまいます。傷が治癒するためには、その部位での新陳代謝や肉芽組織の形成を必要としますが、血流量が低下していることで全身組織への酸素や栄養不足を招いてしまい、新陳代謝や肉芽組織の形成が満足にできません。そのために傷の治癒が遅れてしまいます。

・高血糖状態が続くことで、血液中の白血球にも影響を及ぼします。白血球は免疫機能の主役とも言え、その中でも好中球は外部から敵が侵入してきた初期の段階で、敵に攻撃を始める切り込み隊長の様な存在です。その好中球にも天敵がおり、それが糖分と言われています。そのために高血糖状態が続いている糖尿病では、好中球の機能も低下させてしまい、感染症にかかりやすくなってしまいます。好中球なども血液によって運ばれるため、血流が悪くなってしまう糖尿病では目的の場所にうまく好中球が運ばれて行かないということも原因の一つです。好中球をはじめ様々な免疫機能が低下してしまうため、糖尿病の方は傷のところから感染しやすいため、感染してしまうと、さらに傷の治りが悪くなってしまいます。

・糖尿病性神経障害が発生するのは、末梢神経と呼ばれる神経の末端である手先や足先などです。高血糖状態が続くことで神経細胞の中にソルビトールという物質が蓄積され、神経が障害されてしまいます。脳からの指令は脊髄からなる中枢神経を通り、全身に張り巡らされている末梢神経を通じて各組織に伝わっています。末梢神経にも種類があり、運動神経は各所を動かすための神経、感覚神経は痛みや温度などを感じるための神経、自律神経は体温などを調整する神経です。末梢神経の障害も血流障害が引き起こす栄養や酸素不足で起こります。この神経障害が起こることによって、痛みなどに気づかずに、体に傷ができてしまっていることがあります。傷ついても気づかないことから、悪化してしまうことがあります。また、感覚がないことから靴のサイズがあっておらず、足があたっていても気づかないということもあります。靴擦れや巻き爪、に気づかないということもあります。気づかないうちにケガをしてしまいます。

これらのことから、糖尿病の方はどうしても傷の治りが遅くなってしまいます。これは神経症状があるなしにも関係なく、高血糖状態が続いているという状態によって引き起こされているため、小さな傷でも治りが遅くなってしまうため注意が必要です。小さな傷でも放置すればするほど、感染する可能性も高くなり、さらに傷が拡大していくことで、ますます傷の治りが遅くなることもあります。普段から怪我をしないようにすることも大切です。靴下を履く、爪はこまめに切る、体を清潔に保つため毎日入浴をして自分の体をチェックするといったような日頃のケアを習慣付けるようにしていきましょう。

糖尿病があります。今度、違う病気で手術を受けなければいけなくなりましたが、手術の前から入院してもらいますと言われましたどうしてでしょうか何をするのでしょうか?

手術前から血糖管理をすることで、手術中や手術後の合併症を起こすリスクを低くする目的で、手術前から入院することになったと思われます。自宅でも血糖値の管理は今まで行なっていたからと入院をためらう方もいらっしゃいますが、手術前は緊張やストレスなどいつもと違う精神状態のため、血糖値の変動が起こる場合もあります。血糖値の変動を詳しく検査することも目的の一つであるため、 手術日よりも早くから入院します。そして、手術以降は様々なリスクがあるために、とてもシビアな血糖管理を行う必要があるため、手術前から厳しい血糖管理を行う目的で入院し血糖コントロールを行います。

手術前

手術前から糖尿病治療を強化する必要があり、十分に血糖値を下げるように内服薬を調整する場合、内服薬からインスリン治療に切り替える場合、点滴による管理をする場合があります。

手術から約1週間

手術をするために行う全身麻酔や手術そのものは、体にとってとても大きな負担になってしまいます。とても大きなストレスを感じた体は、コルチゾールやノルアドレナリン、アドレナリンというストレスホルモンを分泌させます。これらのストレスホルモンは血糖値を上げる働きを持っています。手術では切開創ができるため、この切開創や術部の炎症反応は、インスリンが効きにくい状態にさせてしまいます。また、肝臓ではホルモンの働きもあり、糖の合成やグリコーゲンの分解を促進し、血糖値の上昇につながってしまいます。これらのことにより、血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの効果が弱くなり、さらに血糖値が上がりやすい状態になってしまうのです。
手術後は特にきめ細やかな血糖値の管理が必要となり、血糖値を測りながら血糖値の状態に合わせてインスリンを調整しながら、使っていくようになります。頻回な血糖測定も必要になってきます。

手術後1週間以降

手術の種類や本人の状態にもよりますが、手術後1週間が経過しても、食事を取れない場合も多くあります。
食事内容が普段の状況になっていない場合や、食事が十分に摂れない場合でも、血糖コントロールが悪化するためお薬での調整が必要となってきます。術後に胃や腸に届くようにチューブを入れて栄養剤を直接投与する経管栄養と呼ばれる方法で、栄養を取り入れている場合もあります。経管栄養では、濃度の高い栄養剤が短時間で消化管に入っていることがあるため、血糖値が急激に上昇することがあり注意が必要になります。胃や腸の手術をした人は手術後の食事量が減ることによって肥満も解消されるとともに、血糖コントロールが改善する人もいます。
ガン摘出手術の場合は、血糖コントロールが改善する人もいます。

リスク

高血糖状態が続くことで、白血球の中の好中球の機能が低下し、免疫機能が低下してしまいます。全身麻酔をした影響で唾液をうまく飲み込めなくなることもあり、咳もうまくできなくなるために肺炎になるリスクがありますが、糖尿病の場合、喀痰のブドウ糖濃度も高くなることで、さらに気道から肺にかけての感染リスクが高くなると言われています。それと同様に尿中のブドウ糖濃度も高くなることで、尿路感染症のリスクの高まると言われています。
高血糖状態になると血液が濃い濃度という判断をすることで、体の組織から水分が血液中に流れ出てしまいます。その結果、尿量は増加してしまいますが、体の水分は減少してしまいます。さらに高血糖状態では、うまくエネルギー源として使用できないために、全身ではエネルギー不足の状態に陥ることがあります。高血糖状態では虚血時における脳障害が増幅されると言われています。
高血糖状態では毛細血管への血流が満足に行きわたらず、酸素や栄養などが十分に組織に届けられないことがあります。手術創にも酸素や栄養が不足してしまうと、傷の治癒が遅れることもあります。

糖尿病の教育入院をすることになりました。どういったことをするのでしょうか?

初回に糖尿病を指摘された場合、糖尿病食事療法の指導を行いたい場合、糖尿病運動療法の指導を行いたい場合はなどに 適応となります。つまり、生活習慣そのものを変化させるための教育を行うための入院です。病院によってカリキュラムなどは違ってきますが、糖尿病自体の知識をつけるための指導、栄養指導、運動指導、薬剤指導、様々な検査などが行われるのが一般的です。日本における糖尿病患者の95%が2型糖尿病と言われ、生活習慣が主な原因のひとつです。糖尿病は自覚症状もなく徐々に進行しており、2型糖尿病を発症した方々は「自覚症状がないのに、どうして治療しなければいけないのだろう」と治療を自己中断してしまう人も多くいます。しかし糖尿病は症状がなくても徐々に、合併症を引き起こしていく恐れがあるため、教育入院は一生涯 糖尿病と付き合っていくための動機付けとして行います。

コース

糖尿病教育入院を行っている病院では、3つのコースを設定しているところが多いです。
一般的なのは、2泊3日コース、1週間コース、2週間コースが多いですが、病院によっては5日間コース、10日間コースの設定をしているところもあります。

コースの内容

仕事をしている方などは2週間も休みをとることが困難なため、短期間の入院を選択しますが、2週間コースならではの特色もありますので、その特色も踏まえて選ぶようにしましょう。
2泊3日コース
入院した日は入院生活の説明から始まり、栄養士からの栄養指導や、理学療法士からの運動指導、薬剤師からの服薬指導やインスリン注射指導が開始されます。糖尿病の知識を深める指導も行われます。臨床検査技師から血糖値の変動の説明、自己血糖測定器を選ぶ時のポイントなどの説明があります。体重測定、血糖測定をはじめ各種検査を行っていきます。また、日頃の生活での注意点の説明やフットケアなどの説明も行われます。視能訓練士からの眼の合併症についての説明、歯科衛生士からの歯の健康に関する説明などがある病院もあります。

1週間コース
2泊3日コースと同様のものが行われるとともに、検査結果により血糖降下薬の調整やインスリンの導入など治療も並行して進められます。指導内容は2泊3日コースに比べ、指導時間も長くことなることから、さらに充実したものになります。

2週間コース
さらに入院期間も長くなることで、指導時間を確保しやすくなり、理解度の確認を行う場合もあります。また、この期間に体重測定を行うとともに、運動指導、栄養指導による効果として体重減少、つまりダイエット効果を確認することができます。治療面でも、血糖降下剤の調整やインスリンの導入に対しての効果の判定も入院中に確認ができます。

費用

病院や部屋代、食事内容などで金額は変わってきますが、一般的には2泊3日コースで約11万円、1週間コースで約23万円、2週間コースで約53万円と言われています。この費用をそのままを負担するわけではなく、健康保険が適用されるので、通常ですと3割負担となります。3割負担になると2泊3日コースで約3万3千円、1週間コースで約7万円、2週間コースで約16万円になります。所得によって区分があり、限度額も変りますが2週間コースの場合は、多くの人が高額療養費の限度額適用制度も適用になります。入院でかかった費用を後から差額を払い戻してもらうこともできますが、一時的に全額を支払わなければいけなくなるため、事前に高額療養費の限度額適用認定証を取得しておくことで限度額と部屋代や食事代までしか支払わずに済ませることができます。1月単位で計算するため、月をまたぐ場合には所得にもよりますが、適用とはならないため高所得な方は注意してください。

血糖値を下げる食べ方があると聞きましたが、食べ方だけで血糖値は下がるのですか?

総カロリーは同じでも、食べ方だけで血糖値が下がるということを聞きましたが、本当に血糖値は下がるのか。という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。総カロリーは同じならば上昇する血糖値も同じになると感じてしまいますが、血糖値が上昇するスピードを変化させることができます。糖尿病だけに限らず、糖尿病疑いや糖尿病予備軍、隠れ糖尿病と呼ばれる方々は、食後に血糖値が急激に上昇してしまっていることもあり、食後の血糖値の急上昇を予防することが大切になります。

野菜を先に食べるとどうなるの?

血糖値を急上昇させないため近年推奨されている食事方法として、野菜や海藻類、きのこ類などの食物繊維が多く糖質量が少ないものを先に多く食べるという「ベジタブルファースト」と呼ばれる方法があります。野菜サラダや海藻サラダ、野菜スティック、野菜スープ、きのこ炒めなどを先に食べることで、食物繊維を先に体に取り入れます。食物繊維には、糖の吸収を緩やかにすることで血糖値の上昇を抑える効果があり、食後中性脂肪の上昇を抑制する作用、ミネラル吸収促進作用、便秘改善効果があることが分かっています。
野菜サラダからごはんを食べた場合とごはんから野菜サラダを食べた場合では、血糖値とインスリンの分泌で違いが現れたという研究結果もあります。野菜サラダを先に食べた場合は、食後90分で一番血糖値が上昇しました。それに対してごはんを先に食べた場合では食後30分で一番血糖値が上昇しました。血糖値が一番高くなるまでの時間が違うだけではなく、ごはんを先に食べた場合は血糖値が約40㎎/dℓ上昇したのに対して、サラダを先に食べた場合は約30㎎/dℓの上昇と抑えられていました。
また、ごはんや麺類などの糖質を食べるときに、血糖値の上昇を抑える効果があるものがあり、酢飯やとろろごはん、ペペロンチーノなどです。酢のような酸味のあるもの、とろろや納豆などのネバネバ食材、油と一緒に糖質を食べると胃から小腸への移動をゆっくりとさせることが分かっています。しかし、これらのカロリーも総カロリーに計算するようにしましょう。
こういったものを取り入れていくのを、毎食取り入れていくのは難しいでしょう。特に食物繊維は現代人では摂取量が減少しているといわれています。そこで、お勧めしたいのが難消化デキストリンです。難消化デキストリンをおすすめした理由のひとつにとうもろこし由来の食物繊維のために安心して取り入れることができる点です。ヘルスマネージ大麦若葉青汁もおすすめしたい一つです。ヘルスマネージ大麦若葉には食物繊維の難消化デキストリンが含まれおり、ミネラルだけではなく不足しがちな鉄分などの補給もできます。時間のない朝食で手軽に食物繊維を取り入れたい方におすすめなのが、フィットライフコーヒーです。

隠れ糖尿病とは

隠れ糖尿病は食後に血糖値が急上昇するのが特徴ですが、空腹時血糖値が正常値になっているため健康診断などで糖尿病のチェックからもれてしまい、指摘されることがありません。他の検査項目であるHbA1cも、空腹時血糖値が正常値のために高い値とならずに指摘されないため、見過ごされてしまいます。隠れ糖尿病はインスリン分泌が減少し、インスリンの効きも弱くなっている傾向があります。糖尿病への移行段階ともいえ、糖尿病となる確率が高い状態とも言えます。

隠れ糖尿病チェック方法
健康診断の血液検査で発見できないため、食後に血糖を測ることがなければ見過ごされてしまいます。そこで、セルフチェックを行ってみましょう。あてはまるものが2個以上あり、糖尿病や糖尿病予備軍と呼ばれていない人は、隠れ糖尿病の恐れがあります。病院にて検査をすることをおすすめします。

  • 家族歴として、血縁者に糖尿病の人はいますか?
  • 多飲の傾向はありますか?喉は乾きますか?
  • 排尿回数が増えましたか?
  • 肥満ですか?
  • ダイエットや食事制限はしていないのに、体重は減っていますか?
  • 疲れやすいですか?
  • 目がかすみませんか?
  • 靴ずれ、巻き爪、切り傷など足に痛みを感じずに気づかなかった傷はありませんか?
  • ヘモグロビンA1cが高いと指摘されたことがありますか?

糖尿病が怖いです。これからどうしたらいいですか?

糖尿病と初めて診断された方や、糖尿病の症状が表れた方は時に、糖尿病が怖いと訴えられます。もちろん、糖尿病を放置すれば足の切断や、目が見えなくなる失明、透析のために病院に1回約3時間を週に3~4回も通院が必要になることもあり、心筋梗塞や脳梗塞などになるなど不安は尽きないものです。しかし、糖尿病と診断され、自覚症状がなくても血糖コントロールを行い、眼科受診やフットケアなどを行っていけば、合併症の発症を抑えることもできます。しかし、糖尿病と診断され治療を開始しても約4割の方は治療を自己中断してしまうといったデータもあり、糖尿病と診断されれば一生涯付き合っていくと考え、治療を継続することが大切になります。

糖尿病の合併症

糖尿病は自覚症状もなく、目に見えない血管を少しずつ傷つけていくことで、サイレント・キラーとも呼ばれています。高血糖状態が続くことで、ブドウ糖によって様々な化合物が作られてしまい、この化合物が血管内側の内皮細胞を傷つけます。内皮細胞が傷ついてしまうと、血栓形成や動脈硬化になり血流障害が引き起こされます。血流障害は様々な臓器にも影響し、各臓器の機能不全が引き起こします。また、内皮細胞が傷つくと血管はもろくなってしまい破れてしまいます。糖尿病の合併症が起こる原因は、血流障害、それに伴う各臓器の機能不全、血管障害によるものです。血管は全身に張り巡らされているため、影響は全身に及びます。

・細小血管障害:とても細い血管で起こる障害です。
糖尿病三大合併症と呼ばれている失明原因第1位の糖尿病性網膜症、人工透析導入原因第1位の糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。
・大血管障害:とても太い血管で起こる障害です。
心筋梗塞や脳梗塞となることで、命の危機にさらされます。脳梗塞の場合は命を救えても麻痺が残ることもあり、その後の生活が不自由になってしまうこともあります。手や足の血管で起こった場合は閉塞性動脈硬化症になります。閉塞性動脈硬化症ではしびれ、冷感、痛みが起こることがあります。休憩をとらないと歩行ができなくなることもあります。
・その他の慢性合併症
抵抗力が低下するために、感染症にかかりやすく風邪や水虫、歯周病にかかりやすくなります。糖尿病性神経障害によって感覚が鈍くなり、ケガや傷にも気づかず、壊疽していることもあります。これを糖尿病性足病変と呼んでいます。
また、糖尿病の高齢者はアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症のリスクが、健康人の約3倍とも言われています。
・急性合併症
ブドウ糖をエネルギー源として使用できないために、タンパク質や脂肪分解によるエネルギーを産生した際にできる副産物のケトン体が、血液を酸性に傾けるため糖尿病ケトアシドーシスとなり、意識障害を起こすことがあります。

治療が大切なわけ

糖尿病合併症が起こる原因は、高血糖状態が続くことによる血管への影響でした。つまり、高血糖状態が続かないように治療をすることで、合併症を予防することができます。初期の治療方法は、内服やインスリン注射ではありません。生活習慣の見直しや食事療法や運動療法が中心になります。運動療法はカロリー消費を促すために、有酸素運動と呼ばれているウォーキングやジョギングなどを週に3~4回、1~2時間を継続するようにしましょう。食事療法はカロリーの過剰摂取をやめ、自分に適した摂取カロリー範囲内で規則正しく食事摂取することが必要です。運動療法と食事療法の改善によって、ダイエット効果もありインスリン抵抗も改善できます。
食事療法では、血糖値の上昇を抑える働きをする食物繊維の摂取が進められています。手軽に摂取できる食物繊維としておすすめしたいのが、難消化デキストリンと呼ばれる食物繊維を含んでいるヘルスマネージ大麦若葉です。ヘルスマネージ大麦若葉には、ビタミンや葉酸、鉄分なども一緒にとれます。食物繊維はミネラルの吸収を促す作用もあります。

そのほかHbA1c値、血糖値を下げるための健康食品利用者の声、口コミ

桑ポリス

桑ポリスの口コミ評判1
桑ポリスで生活をコントロールできるようになりました
知人から「桑ポリス」をすすめられたのは先月のことです。知人がそのサプリメントを飲んで血糖値が下がった聞き、私もすぐに「桑ポリス」を試してみることにしました。「桑ポリス」を飲み始めてみたところ、何と3カ月程で驚くほど数値が下がってきたのです。飲み始めのころはなかなか数値が下がらず、半ば諦めていました。しかし今は続けて良かったなと思っています。あの時は先の人生を悲観して、すこしやけになっていました。

しかし「桑ポリス」と出会ってからは私の人生は変わりました。今は「桑ポリス」のおかげで、生活をコントロールすることができるようになりました。これからも手放せないサプリメントらなりそうです。みなさんもぜひ一度お試しください。

桑ポリスの口コミ評判2
医師もビックリ!!桑ポリスの効果
職場の健康診断で、いつもNGが出て悩んでいました。先生からは食事制限についていろいろと注意されて、嫌になっていました。そして何とか改善したいと思い、方法を模索していました。そう言う時に出会ったのが「桑ポリス」です。その後インターネット通販で購入して、毎日飲むようになりました。「桑ポリス」を飲み始めのころは、効果のほどあまりは分かりませんでした。しかし1カ月を過ぎたころからだんだん効果が出てきたようです。

それから病院で検査を受けたところ、検査の数値を見て先生がとてもビックリされていました。何と血糖の数値が改善されていたのです。それからは毎日楽しい生活を送っています。もちろん食事制限もなくなりましたよ。血糖値で悩んでいる方は、「桑ポリス」をおすすめします。

トリプルメタクリーンMHS

トリプルメタクリーンMHSの口コミ評判1
無理なダイエットをせずトリプルメタクリーンMHSで健康に
血糖値の上昇、肝機能の低下、高血圧に肥満と年齢を重ねる毎に身体に変調が見られ、健康に不安を感じるようになってきた私は毎食カロリーを制限したダイエットを続けていましたが、無理をしすぎたのか、頭痛や立ち眩みなど違う体調不良に悩まされ健康を維持しつつダイエットが出来る方法を模索していました。そんな時に会社の上司から摂取を勧められたのがトリプルメタクリーンMHSでした。

糖類の吸収を抑える成分を多く含むトリプルメタクリーンMHSなら過酷なカロリー制限をせずにダイエットができると思い飲み始め、3か月後に病院で血糖値を測定してみると血糖値は一般的な数値に回復、一緒に調べてもらった血圧・肝機能も明らかに良化が見られました。今でもトリプルメタクリーンMHSを飲んでいるおかげで普通に食事をしながら健康な状態を保っています。教えてもらった上司には頭があがりません。

トリプルメタクリーンMHSの口コミ評判2
トリプルメタクリーンMHSで生活習慣病を防ぎましょう
仕事のお付き合いで週に2~3回は飲みに行き、休みの日には家で寝てばかりの運動不足と身体によくない事ばかりの生活になってしまった私は、会社の健康診断でも毎回のように尿酸値・血糖値の上昇、肝機能の低下などで生活習慣病を指摘されました。色んな健康食品を試してみましたがどれも今一つ効果がなく、病院で診察をしてもらおうかと考えていた時に、学生時代の恩師からトリプルメタクリーンMHSを紹介してもらいました。

トリプルメタクリーンMHSには生活習慣病の素となる、糖類の摂り過ぎを抑制してくれる成分がたくさん含まれているので、恩師を信じ購入してみると、飲んだ翌日にお酒が残っていつもだるかった身体が軽く感じられるようになり、6か月後の健康診断では軒並み数値がよい方向に改善されていました。

トリプルメタクリーンMHSを今も飲んでいるおかげで以前のように生活習慣病と指摘されず、健康な体を取り戻す事ができました。生活習慣病でお悩みの皆さんにお奨めします。

グラシトール

グラシトールの口コミ評判1
グラシトールで肥満を改善
私は今人生最大の悩みに遭遇していると思います。それは肥満です。肥満って言ってもただ何キロか太ってしまったというレベルではなく、ものすごく体重も増えたのですがそれ以外に体型も大きく変化してしまいました。病院で検査してもらうと生活習慣病の一種だと診断されました。今までどちらかというと痩せている方だったので今回はすごく自分的にもショックが大きくて今回改善する方法をネットで探したところグラシトールを見つけました。

この商品は党の増加を防ぐ効果があるというので有名で肥満に対する成分もたくさん入っているようなので購入しました。実際このグラシトールを飲むことで肥満になった体がみるみる内に痩せていきました。今では標準まで落とせて大変満足しています。

グラシトールの口コミ評判2
糖尿病からグラシトールで健康体に生まれ変われる!?
私の家系は代々、糖尿病になりやすい家系だと思います。私のおじいちゃんも、私の父も糖尿病を患っているからです。そして私も、先日病院で健康診断をした時に糖の値が高いと診断されました。これは遺伝なものだと言われ、諦めかけていましたが友人にグラシトールという商品が糖尿病対策に効果的だと紹介してもらったのですぐに購入しました。

このグラシトールという商品は糖の増加を体内で防いでくれる成分がたくさん含まれているので効果的だと書いてありました。実際私も現在毎日飲んで試しているのですが、先日検査してもらった時の値よりも血糖値が下がっていたのです。目に見えて効果が実感できたので大変満足しています。これからも飲み続けて健康体になりたいと思います。

紅菊芋パウダー

紅菊芋パウダーの口コミ評判1
紅菊芋パウダーで糖尿病を未然に防ぐ
皆さんは糖尿病とうつ病が関係していることをご存知でしょうか?糖尿病とは、一度その病気を患ってしまうと感知することがなく、病気になった後の長期の療養が非常に大変な病気なのですが、このことですぐに良い結果が見られないことで自暴自棄になってしまったり、食事制限によるストレスからうつ病になる可能性が高いと言えます。私自身もその可能性が他の人よりも高いので何かなにか対策方法がないか調べていました。そこで紅菊芋パウダーという商品を見つけました。

これは、糖に対する増殖を防ぐことが出来、また毎日飲むだけでいいので手軽に対策をすることが出来ます。私もこれを飲み始めてから血糖値の値が下がっているのに驚かされました。これからも継続して服用していきたいと思います。

紅菊芋パウダーの口コミ評判2
母の糖尿病を紅菊芋パウダーで治す
私の母は、現在糖尿病で苦しんでいます。そんな母の姿を見てなにかしてあげられることは無いか探していたところ紅菊芋パウダーという商品を見つけました。この商品に含まれている成分は、とても低カロリーで血糖値の上昇を抑制させる効果があるそうです。血中のブドウ糖の細胞エネルギーへと転換を促してくれて、糖尿病の根源とも言える血糖値の数値を下げてくれる効果があるそうなのです。これを購入してから毎日母に飲まさせているのですが嬉しい効果が出てきました。

飲み始めてから半年で血糖値の値が下がっていたのです。このままいけば糖尿病も治るのではないかという期待も持つことが出来ました。これから継続して飲んでもらって母の元気な姿が見られるようにわつぃも精一杯サポートしていきたいと思います。

白井田七

白井田七の口コミ評判1
白井田七を飲み続けてみた結果・・・
人間ドックで体を測定してもらったら、血糖値が高めだと診断されました。血糖値のことを知ってから、体のことが心配になってきたので、すぐ健康食品について調べました。何がいいのか探していたところに、他の人からあるものをすすめられました。すすめられたのは白井田七というサプリメントで、一番効果があると言われました。納得のいく価格だったので、すぐに購入することにしました。

飲み続けてしばらくすると、後日血糖値を測ってみるとあと少しで正常値になるところでした。こんなにも効果があるなんて思ってもおらず、これと同時に運動もするようになりました。白井田七を飲み続けることと毎日の運動で、今後もさらに健康でいられるように努力していきます。

白井田七の口コミ評判2
毎日の生活習慣の一部になった白井田七
更年期に入ってから、体調がすぐれないことが続くようになり、悩んでいました。検査を受けても異常なしで、どうしたらいいのかわからない状態でした。悩んでいた時に友人に勧められたのが、白井田七というサプリメントでした。過去に市販のサプリメントを飲んできましたが、体調が改善されることがありませんでした。そんなこともあって、私は当初このサプリメントに対して半信半疑でした。

最初は1錠ずつから飲むことにしましたが、翌日から指先が温かくなってきたのがわかりました。冷え性で悩んでいたこともあり、これを飲み続けるとだんだん改善されてきました。だんだん体調の方も改善されるようになり、白井田七は毎日の生活習慣の一部になりました。

このページの先頭へ